無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
母とのトラウマ
母との過去生を清算したら、その次は、
私の幼児期のトラウマを(母との関係)解消することが必要でした。

潜在意識の中に深く潜って、自分が赤ちゃんだった頃に行きました。
すると、そこは母の胎内でした。

母は父の両親と同居で、しかも両親は町工場を経営していたので、
使用人がたくさんいました。そこで、女中がわりに働かされていました。

妊娠中もお腹の子供をいたわるヒマもなかったようです。
私は母親にもっとお腹の子を大事にしてもらいたかった。
話しかけて欲しかった、と不満に思っていました。

その子の思いを解放します。

生まれてからも、忙しいので全くほったらかしです。
薄暗い屋根裏部屋に一人で寝かされて、おむつが濡れても、
お腹がすいて泣いても誰も来ません。

ときどき仕事の合間にやってきて、すぐに行ってしまいます。
一年半後に妹が生まれて、アパートに引っ越すまで、そんな状態でした。

その時のトラウマもすごくたくさんあったようです。
それらも出てくるごとに解放していきます。きりがないくらいでしたが、
なんとか無くなりました。

それから、今までのいろいろな出来事のたびに起きた、二人の心の葛藤
少しずつ取っていきました。

取っていると毎日、母の機嫌が良くなっていくのです。
私の心の中にある母のマイナスイメージを消しているのに、
なぜ現実の母の気持ちが変わっていくのでしょうか。


潜在意識は一人一人独立しているようですが、深いところでみんな
繋がっているのです。ましてや、血をわけた家族のつながりはとても
強いのです。
よく、家族が亡くなるとき、事故に遭ったときなどに、
虫の知らせを感じると言いますよね。

今まで、母が私に冷たかったのは、私が母に心を開いていなかった
からかもしれません。

母は不眠もあったのですが、こうして母へのわだかまりを取って
行ったある日、ニコニコしながら、起きてきて
「このごろすごく良く眠れるの、起きると体が軽くて
若返ったみたいで、とても気持ちがいいの。」

というようになりました。

そして、犬のチコにもいやみばかり言っていたのに、
「まあ、そばに行くとしっぽ振ってるよ、
カワイイじゃない」

と言います。

夜は玄関に入れていたので、始めて自分でヒモをつけて玄関から庭に
連れていきました。
「おとなしく付いて来た(@^o^)」
と大喜び!

「おばあちゃんがあんなにニコニコしているのは
始めて見た!!(゜ロ゜) 」

と息子も驚いていました。

============================
読んでくださってありがとう。
相手を変えようとするよりも、
自分の心を変えたほうが結果が早く出ます。
今日もプチッと押してくださいね。

精神世界

精神世界ランキング

| リマ | 潜在意識活用法 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://godo1tukuru.jugem.jp/trackback/121